脇汗 抑える 対策

 

夏の必須項目!脇汗の対策法

夏場にはとめどなく流れてくる汗、中でも脇汗は困ったものです。

 

人前ですぐにふけるような場所ではありませんし、臭いがしてしまったり、服の色によっては脇の部分だけ濃くなって恥ずかしい思いをしてしまうことも。そこで今回は「脇汗対策法」についてまとめました。

 

まずは臭い対策から。

腋毛がたくさん生えていたり、不衛生なままだと雑菌が繁殖しやすく悪臭の原因になります。
できるだけ無駄毛を処理して高温多湿を避けるようにしてください。

 

汗自体の臭いに対しては制汗剤をかけるのが手間がかからず簡単です。
しかし、刺激が強すぎたり持続効果が短い場合もありますので、肌に直接脇汗パッドを張ることで汗自体を排出した分吸収させる方法をオススメします。

 

消臭や抗菌などの効果が付随されているものがほとんどですし、脇汗の問題をある程度なら防止できます。

 

また、脂質が多いもの、肉類などを摂取しすぎると汗の臭いが悪くなるので気になる場合はそういった食品は避けることが賢明です。

 

そして汗ジミ対策についてです。

服自体は、グレーなど汗の分濃くなったら目立つようなカラーは避けておきましょう。
それらを期待場合には少しゆとりを持った服にするか、上に一枚羽織ると隠すことができます。

 

しかし、夏場などはそうもいきません。脇汗パットでも良いですが、それが嫌な人はインナーで対策をしましょう。消臭、汗取りの効果のあるインナーは沢山販売されています。

 

袖のあるタイプのインナーには汗取り用の布が直接ついているので洋服に汗が行きわたる前に食い止めてくれます。

 

キャミソールタイプでも脇にだけ汗消臭布を当てて対策をしている商品や布自体の通気性を高めることで汗をかきにくい環境をつくるものなど効果は様々です。
デザインや機能で好みは分かれるでしょうが脇汗の悩みを解決につなげてくれるはずです。

 

以上が「脇汗対策法」についての紹介です。
便利なアイテムや体内環境を整えることでトラブルのない脇を目指してください。